美容(女性)

「ラッシュアディクト」まつげ美容液の成分で重要なのはコレ!

開発に多くの専門家が関わって作られた日本初のサロンまつ毛育毛技術の集大成「ラッシュアディクト」

 

その配合されている成分がどんなものかとても気になりますよね。

 

ラッシュアディクトは美容業界でも注目の最新ケアですが、そのまつ育に繋がる成分となるのが、「ナノペプチド」なんです。

 

ペプチドは、毛髪を構成するのに欠かすことのできないタンパク質というのは有名ですが、ラッシュアディクトのペプチドはナノ化しているので、まつげの細部にまで浸透させることができることで効果を倍増させてくれるんですよ。

 

ラッシュアディクトの正規販売店はコチラです。
↓↓↓
美容専売品ショップ ビューティーパーク

この記事ではラッシュアディクトの成分について詳しく解説していきますので、ぜひ最後までご覧くださいね。

ラッシュアディクトのまつ育に重要な成分はコレ!

冒頭でも伝えましたが、まつ育に重要な成分としては、

ナノペプチド(特許取得済)

ペプチドというのはタンパク質のことをいうのですが、タンパク質は毛髪を構成する成分です。

まつげを長く伸ばすための生成に欠かせないペプチドですが、浸透性をさらに高めるためにラッシュアディクトのはナノ化されています。

プロビタミン-B5

プロビタミンB5というのは、まつげのみならず、まぶたの皮膚にも浸透しやすい成分です。

まつげが切れないように、保湿効果を与える重要な成分で、育毛剤にも配合されています。

ビタミンB12

毛細血管の血量を増やすので、血行を良くする働きをしてくれますから、まつげの抜けを防止してくれる強化成分になります。

トコフェロールアセテート

血管拡張作用と抗酸化作用に特化しています。

 

そのため、まつげの衰えを防ぎ、ハリやコシが期待できます。

 

ラッシュアディクトは敏感肌の人でも大丈夫?

ラッシュアディクトは、皮膚科専門医と眼科医による監修で製造されたまつげ美容液なので安全性のテスト済み。

 

敏感肌の人にも安心して使用できます。

そうした成分を選りすぐっていますが、これは正しい使い方次第です。

特に目元というのは、皮膚も薄くてデリケートな部位です。

ちなみに、アレルギーをお持ちの方や、肌の弱い方には念のためには、公式サイトでもパッチテストをオススメしています。

ですから、敏感肌でも大丈夫だとは断言できません。

しかし、アレルギーの原因になりやすい保存料というのは、一切含まれていません。

敏感肌の人の場合を含めて、体調が優れない状態で使用した場合、免疫力やバリア機能が低下してしまう状態ですから、かゆみ、赤みなどが起こる場合もゼロではなく、敏感に反応した際は、使用を止めましょう。

 

ラッシュアディクトに副作用の心配される成分は?

副作用の心配される成分としてはアカツメクサ花エキスがあげられます。

女性ホルモン作用/男性ホルモンの抑制という効果が期待できるのですが、女性ホルモンの働きによる副作用は、妊娠中や授乳中の女性に起こる心配もあり、使用には注意が必要になります。

もちろん、妊娠中でも使用できますが、使用量を加減しましょう。

また、優しい成分ばかりですが、ピロ亜硫酸Naには酸化防止、安息香酸Naには防腐という成分が含まれています。

こうした添加物は、パッチテスト済みですが、人によっては赤み、かぶれなどの副作用が出る場合もあります。

また、液状ですから美容液が目の中に入り、充血する可能性も否定できませんから、注意しましょう。

 

まとめ

効果が高い反面、まつげ美容液は色素沈着を起こしてしまうといったデメリットやまぶたに美容液が付着してしまい、かぶれたりする副作用も心配されています。

しかし、ラッシュアディクトに関しては、皮膚科医と眼科医による監修で製造されています。

正しい使い方であれば、問題なしで効果を実感できるでしょう。

目の周りの皮膚はとても薄く、影響を受けやすい部分ですが、ラッシュアディクトは色素沈着を起こす成分が入っておらず、安心して使い続けることのできるまつげ美容液といえます。

使い続けることにより、まつげの傷みも補修され、まつげが太く長くなったり、まつげにハリやコシが出てきたりしますよ。

 

ラッシュアディクトの正規販売店はコチラです
↓↓↓
美容専売品ショップ ビューティーパーク

-美容(女性)
-,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。