美容(女性)

「ラッシュアディクト」1日1回の使用でどれくらいもつ?

細くなったまつ毛を太く、コシのある状態へと導いてくれる話題のラッシュアディクト。

 

1本でどのくらいの期間もつのか調べたところ、個人差がありますが1日1回の使用で3~5ヵ月半もちます。

 

ですがラッシュアディクトの使用期限は使い始めから3ヵ月となっています。

 

ラッシュアディクトはアレルギー対策のために防腐剤を使っておらず、3ヵ月を超えての使用は肌荒れが心配です。

 

外箱には使用期限は開封後6ヵ月と記載されていますが、目元に塗る前の状態での話。

 

一度でも塗るとそこから3ヵ月が使用期限となるので注意しましょうね。

 

※大手通販サイトやフリマアプリでの購入は偽物の可能性があるので、正規販売サイトかサロンでの購入が安心ですよ。

 

ラッシュアディクト正規販売サイトはコチラです
↓↓↓

 

ラッシュアディクトは1日1回の使用でどれくらいもつ?

ラッシュアディクトは1日1回の使用で3ヵ月程度、人によっては5ヵ月半ほどもちます。

 

実際にサロンでケアリストをしている方が使った期間を話してくれていました↓↓

個人差はあると思いますが、
ほぼ毎日使い、約5ヶ月半持ちました!

メーカーさんの方では
約3ヶ月と記載されておりますが、
実際使ってみたところ、
私的には3ヶ月以上持つのでないかと感じます!

引用:ジェム ジャパンのブログ URL:https://ameblo.jp/japan-gem/entry-12599003790.html

このように1日1回の使用で5ヵ月半もったという報告がありました。

 

しかしラッシュアディクトは防腐剤というアレルギー反応のもととなる成分が入っていないため、使用期限があるんです。

 

ラッシュアディクトの使用期限は3ヵ月?6ヵ月?

ラッシュアディクトの使用期限は開封後3ヵ月です。

 

先ほども書きましたがラッシュアディクトはアレルギー反応のもととなる「防腐剤」が含まれていないため、開封してしまうと3ヵ月しかもちません。

 

3ヵ月を超えて使ってしまうと肌荒れの原因や赤みの原因となってしまい、ラッシュアディクト本来の効果を発揮できない可能性があります。

 

まぶたの皮は顔の中でもとても薄い部分ですので、3ヵ月の使用期限は守って使いましょう。

 

冒頭でもお伝えしましたが、外箱に記載されている使用期限6ヵ月はまぶたに塗る前の期限です。

 

一度でも使用するとそこから3ヵ月の使用期限となるので注意しましょうね!

 

ラッシュ アディクトの未開封での期限は?

美容液は基本的に未開封の場合、高温多湿、直射日光を避けた状態で3年が保存期間の目安です。

 

記載がない場合は3年以上もつとも考えられますが、皮膚の薄いまぶたに塗る美容液は特に購入後すぐに開封して使うことがまつ毛にも皮膚にも良いです。

 

期間内だとしても以下のような劣化のサインが見られた場合

  • 色が変色
  • 異臭
  • 液がドロドロ

このような変化があれば、もったいない気持ちはあっても使うのはやめ新しいものを使いましょう。

 

それではまとめていきます。

 

まとめ

この記事ではラッシュアディクトが1本でどのくらいもつかをお伝えしてきました。

 

個人差はありますが、1日1回の使用で3~5ヵ月半ほどもちます。

 

しかしラッシュアディクトの使用期限は防腐剤フリーのため3ヵ月が使用期限です。

 

3ヵ月を超えての使用は肌荒れや赤みにつながるので、もし少量残っていても使用はやめてしまった方がいいでしょう。

 

外箱に書いてある使用期限6ヵ月はまぶたに塗る前の使用期限なので注意しましょうね。

 

フリマアプリなどでの購入は使用期限過ぎや偽物の可能性があるので、絶対に新品をサロンか正規販売店で購入しましょう。

 

ラッシュアディクトの正規販売店はコチラです
↓↓↓

 

 

-美容(女性)
-,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。