美容(女性)

シンプリッチの成分をかんたん解説!乾燥肌の方はちょっと注意?

シンプリッチ成分

シンプリッチ 成分

せわしなく入る子供とのお風呂を少しでも楽にできると話題の全身洗えるシャンプーの「シンプリッチ」

 

この記事ではシンプリッチの成分について調べました。

 

シンプリッチの成分をみて一言で表すと、敏感な肌の方にとっては少し洗う力が強め。

 

ただ頭だけじゃなく全身を洗うことも考えるとしっかりと汚れを洗い流してくれる方が助かりますよね。

 

副作用の心配も調べましたがシャンプーとして使うには副作用の心配はありません。

 

保湿成分もしっかり多く配合されていているので乾燥肌であっても過度に心配する必要ないので安心して使えますよ。

 

シンプリッチの公式サイトはコチラです
↓↓↓
全身に使える「オールインワンノンシリコンシャンプー」【シンプリッチ】

この記事ではシンプリッチの成分について詳しく調べましたので、ぜひ最後までご覧くださいね。

シンプリッチの気になる成分

シンプリッチは基本的にとてもお肌にやさしい成分でできていますが、界面活性剤として配合されている「スルホコハク酸ラウレス2Na」は冒頭でお話しした通り”敏感肌の方には少し洗浄力が強め”です。

 

※界面活性剤とは水とシャンプーを仲良く混ぜ合わせるために配合されていて、頭皮の油を洗い流せるのはこの界面活性剤のおかげなんです。

 

少し心配になりますが、実はこのスルホコハク酸ラウレス2Naという成分自体は80年以上使用されてきていて、皮膚へのアレルギーもほとんどありません。シャンプーなどに配合されている場合すぐに洗い流してしまうので、安全性に問題ないんですね。

 

一般的に売られている様々なシャンプーにも配合されているので、よほど乾燥肌でお悩みでなければ安心して使って大丈夫ですよ。

 

もちろん大事な赤ちゃんにも安心して使えます♪

 

シンプリッチの成分の代表的なうれしい効果

シンプリッチは全身が洗えるだけでなく、配合されている成分によって代表的な2つのうれしい特徴もあるんです。

  1. 洗うだけで透明感のある肌
  2. しっとりすべすべの保湿成分

それぞれ詳しく解説していきます。

シンプリッチは洗うだけで透明感のある肌へ

シンプリッチにはシミの原因である”メラニン”が作られるのを防ぐ成分「アマモエキス」が配合されているんです。

 

アマモエキスは海藻で、メラニンの生成を防ぐほかにも”水の浄化”や頭皮の油が必要以上に出るのを防ぎ、頭皮の生まれ変わり周期を正しく導いてくれる嬉しい成分でもあります。

 

洗いあがりはしっとりすべすべ!保湿成分たっぷり

シンプリッチには多くの保湿成分が配合されていて、洗った後にしっとりすべすべを実感できます。

  • ココイルグルタミン酸TEA
  • 加水分解シルク
  • 加水分解ケラチン

それぞれの成分を詳しく解説していきます。

ココイルグルタミン酸TEA

ココイルグルタミン酸TEAは”髪や頭皮の汚れ””整髪料”だけを選んで落とし、うるおいはしっかりと残してくれるといううれしい成分。

 

傷んだ髪の部分にくっついてコンディションを整える役目も果たしてくれています。

 

加水分解シルク

加水分解シルクは長い時間髪にとどまって髪や頭皮や肌のうるおいを保ってくれます。

 

保湿効果. 吸湿性があり吸着性も高いので保湿効果が期待でき、肌や髪のうるおいを長時間保ちます。

 

加水分解ケラチン

質主に肌や髪の傷んだ部分を補修してくれる役割と、髪に入り込みうるおいを保ってくれる成分。

 

髪に対してツヤやハリも与えてくれるのもうれしいところ。

 

※羊由来の成分であるため、体を洗うような短期間の使用ではほぼ心配はありませんが、ウールなどを触ってかゆみが出る方は念のためパッチテストをお勧めします。

 

ここまで特徴的な成分を解説してきました。

 

ここで全成分情報を公開します。

 

シンプリッチの全成分はコチラ

シンプリッチの全成分がコチラです↓

水・コカミドプロピルベタイン・ココイルグルタミン酸TEA・スルホコハク酸ラウレス2Na・コカミドDEA・アマモエキス・水溶性コラーゲン・ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム・加水分解ケラチン・加水分解シルク・褐藻エキス・BG・ポリクオタニウム-10・ヤシ脂肪酸K・オレンジ油・ラベンダー油・レモン果皮油・ハッカ油・グリセリン・3-ヘキセノール・エタノール・水酸化Na・フェノキシエタノール

 

これらすべての成分の副作用や毒性についても調べてみたので解説していきます。

 

副作用の心配がある成分は?

シャンプーなどの一時的な使用には問題ありませんが、長時間肌に触れた場合の心配になるような成分をあげていきます。

  • 加水分解ケラチン→ウール(羊毛)でのアレルギー。
  • コカミドDEA→職業などで毎日長時間触れているとアレルギーの心配。動物の発がん性(ただし人でのデータは無し)
  • フェノキシエタノール→過度の”敏感肌””乾燥肌”の方は刺激を感じることも考えられる。

3つ心配のある成分をピックアップしましたが、一般的にこれらの成分は体を洗うなどの一時的な使用に関して問題ありません。

 

しっかりと販売規制をクリアしての販売となっていますので、過度に心配しなくて大丈夫です。

 

それではまとめていきます。

シンプリッチの成分についてのまとめ

この記事ではシンプリッチの成分について詳しく解説してきました。

 

ポイントとしては

  • 敏感肌の方には少々洗浄力が強め
  • 保湿成分が多く配合されていて髪や肌のうるおいが◎
  • 体を洗う一時的な使用では副作用の心配はなし

このようになりました。

 

時間も短縮になるオールインワンシャンプーのシンプリッチ。

 

赤ちゃんにも使えるほどしっかりと成分の安全性には配慮されています。

 

ただ赤ちゃんへの影響、ウールアレルギーなどがあまりにも心配なら無理に使うことはありません。

 

公式ページでは30日間の返金保証もついていますが、相談できるお医者さんがいらっしゃればご相談のうえ使うことをおすすめします。

 

シンプリッチの公式ページはコチラです
↓↓↓
全身に使える「オールインワンノンシリコンシャンプー」【シンプリッチ】

-美容(女性)
-, , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。